鍋島藩窯関所
お経石窯跡
鍋島藩御用窯の細工人、柴田善兵衛が
元禄7年、この地に建てた先祖の供養碑を地元で「お経石」と呼び、
この窯の名称の由来となっています。
13の窯室からなる連房式の登り窯跡です。
 めおとしの塔
焼物を叩いて、その音色で選別した技を「めおとし」といいます。
陶工橋を渡るとセンサーが反応し、白磁の風鈴が鳴りますよ。

案内板も焼物 (^^)
陶工の家が立ち並んでいます
伊万里市の南部に大川内山があります。
技法の漏洩の恐れが少なく、
良質の青磁釉石が発見されたこともあり、
鍋島藩の御用窯が有田からこちらに移されました。
その歴史遺産保護の観点から公園として整備されています。
とても広いです (^^;
鍋島藩窯公園