筑後川昇開橋
昭和62年、
国鉄佐賀線の廃止にともない、その役目を終えたこの橋は昇降可動式。
その規模は東洋一といわれているそうです。
現在、橋は遊歩道となっています。
昇降部の近くまで行き、下から見上げると
その規模大きさが実感できると思います。
現在も橋は上げ下げされ、人が通行できるようになってます。

                               (国の登録文化財)
- 平成20年4月5日・諸富町 −

橋が下がった状態

下げられた時の橋の上。
人が通行できます。。
下から見上げると迫力あります
国鉄時代を想わせますね(^^