吉野ヶ里歴史公園
約600年続いた弥生時代。
そのすべての時期の遺稿・遺物が発見され、
そのころの社会の変化がわかることから
極めて学術的価値の高い「吉野ヶ里遺跡」。
復元された建造物や出土した遺物の展示等で、
当時を感じることができます。
倉庫群も再現されています。
2重の環濠に守られた異空間。
この時代最大級の建物「主祭殿」、
「高床住居」、「竪穴住居」、「物見やぐら」
などが復元されています。
北内郭
南内郭

現在整備中で今春公開予定だそうです。

北墳丘墓 歴代の王の墓と考えられています。
甕棺墓列(かめかんぼれつ)
 甕棺とは弥生時代の北部九州独特の棺おけで、
 北墳丘墓近くに600メートル・2列で埋葬されている所があります。
いのししの親子 (^^)
− 平成17年1月9日 −
続々と建物が復元され、
本当に村ができそうな気がしてきました(^^;