は ぶ             いせき
− 小城郡三日月町 −
土生遺跡は弥生時代中期を中心とした農耕集落遺跡で、
昭和46年に大量の土器片が発見され、
弥生時代の初期農耕文化や
朝鮮半島との交流を研究する上で重要な遺跡とされ、
「国史跡」に指定されています。
高床倉庫や竪穴式住居が復元されています。

小城公園から2km程ですよ(^^)
高床倉庫
  収穫した作物用倉庫で
  主に湿気から食料を守るため
  高床構造になっているそうです。
竪穴式住居
  地面を円形の掘り床にして
  柱を立てて屋根をかけた造り。
  床には暖をとったり、
  料理をするための暖炉があります。
土生遺跡
県道24号線沿いにあります。