昨年から、それまで行われていた、
唐津市民花火大会と九州花火大会がひとつになり、
今年は6000発の大きい花火大会となりました。
場所は唐津市西の浜。
耳を澄まさないと波の音が聞こえないほどの静かな砂浜に、
のんびり腰をおろして午後8時スタートの花火を待ちました。
日が沈んだばかりのまだ少し明るい空に花火が上がり始め、
数時間花火を待っていた観客から歓声があがりました。
本日の目玉はDHCさん協賛の2尺玉。
カウントダウンから打ち上がった時のおなかに響くような音と、
登っていく巨大な火の玉に、会場は期待と緊張で固まりました。
空に広がった時の轟音、その大きさと華やかさは圧倒的迫力。
驚嘆の歓声と拍手が会場を埋め尽くしました。
しかしそれで終わりではないのがこの花火大会のすごいところ!
ラストの連発花火は、500mのナイアガラに始まり、
同時にその端から端までの上空に連続花火。
最後の最後は5連の連続花火。これが大迫力!
来られたみなさん大満足。私も大満足。また来たいです(^^)

九州花火大会
− 平成22年7月18日・唐津市西の浜 −
まだ明るい空に花火が上がり始めました。

顔・・・・。