大興善寺(つつじ寺)
− 平成22年5月6日・三養基郡基山町 −
つつじ寺の愛称でも有名な大興善寺にやってきました。
汗ばむ陽気の中、お寺の裏山にある大変大きなつつじ園を楽しみました。
先日の雨もあって満開を過ぎていて、
つつじの鮮やかな色は薄れていましたが、
御住職のつつじ寺ブログにあった満開の名残を楽しむことができました。
本来の美しいつつじ園の様子は大興善寺のホームページでご覧下さいね。
大興善寺は開創が奈良時代である717年。大興善寺の命名は847年。
昭和53年九州最初の天台宗別格本山となり、
大正末期から植えられたつつじによって今ではつつじ寺と呼ばれる程。
広いつつじ園にはいろいろな木や花、またまた珍しい石等で見どころ豊富。
順路最後に日本庭園が現れ、すぐ前のお茶処で休みながら楽しめますよ。
秋の紅葉でも有名でたくさんの観光客で賑わうそうです。
750台収容の駐車場がありますよ。
順路の終わりに日本庭園が現れました。
まずツツジの階段が迎えてくれました。
つつじ園目玉の一目百万本。満開過ぎでしたがきれいでしたよ。
水車のある美しい藤棚があります。
きれいな花が咲いていましたよ。