百年桜

− 平成22年3月28日・武雄市 −

吉田まんぞく館。
ここに駐車して少し歩きます。
百年桜はここからでも大きく見えたます。

お茶畑の横に立っています。

遠くからもはっきり見える大きさです。

嬉野市にここまで立派な桜があるとは知りませんでした。
樹木高13m・根元高20cm・周囲4.55m。
枝張り東側11.5m・西側8m・南側10.5m・北側10m。
花びらの直径2〜3cm・花びらの数12枚前後(資料:嬉野市)。
樹齢100年以上と言われているので通称「百年桜」。
看板によると品種は明確ではなく、
専門家の診断でヤマザクラ系統の八重桜であることは確実との事。
お茶畑の中に圧倒的な存在感で立っています。
昨日来てみたんですが、曇りで写真が少し暗めに写っていて、
今日よく晴れてたこともあり、再度来てみましたよ。
陽の光を浴びた「百年桜」はキラキラ光ってとてもきれいでした。
桜のすぐ横に駐車場は5台分ぐらいはありますが、すぐいっぱいになりますので、
通常は近くの「吉田まんぞく館」に停めさせていただき歩いて行きます。

花もきれいでしたよ。