大聖寺・あじさいまつり

− 平成17年6月25日・北方町 −

厄除の鐘で厄を払います。

不思議な形のきれいなあじさい

あじさい園を散策

県道25号線(多久若木線)・女山峠に看板と案内の旗がありました。
少し細い道を5分ぐらい登っていきます。
県道331号線(北方朝日線)からも行けるようです。
こちらも看板があるみたいです。

日本一のイヌマキの木があります。
推定樹齢は500年。
樹高16メートル・幹まわり3メートル・枝張り12メートル。
とても立派です。

793年に行基によって開山された日本三大不動尊のひとつ、
杉岳不動尊大聖寺は身代わり不動として信仰を集めてきました。
別名あじさい寺と呼ばれ、
6月には約5000株のあじさいが楽しめます。
あじさいまつり開催中でしたよ。
今年は極端に雨が少なく、今日もまたいい天気。
雨を待っているあじさい達はちょっと元気なかった感じ・・・。
早く雨が降るといいですね。
境内には日本一のイヌマキの木があります。