伊萬里神社の御神幸祭です。
「お供」と呼ばれる和魂を奉遷する白神輿と赤神輿が町内を巡行後、
荒魂を奉遷する荒神輿(あらみこし)と団車(だんじり)が
町内数ヶ所をまわりながら合戦を繰り広げます。
香橘神社の氏子が白神輿と荒神輿、
戸渡嶋神社の氏子が赤神輿と団車をそれぞれ奉じていましたが、
両神社が合祀されて伊萬里神社になったことで、
各地区の「出番町」制になったそうです。
今のけんか祭りの形になった経緯はよくわかっていないそうです。
現在では町内4地区に分けて順番に担ぐとか。
今日はいい天気でした。
ゆっくり組み合ってから激しい押し合いになり、
相手をひっくり返すか、相手の神輿に乗ったほうの勝ち。
もつれ合って倒れていく様を近くで見ると迫力あります (・・)
負傷され救急車で運ばれた方もいらっしゃいました (・・;
暗くなってからの川落としでは、
伊万里川に組み合って落ち、陸に早くあげたほうが勝ち。
日本3大けんか祭りに数えられるこの祭り、ぜひ足を運んでくださいね。
伊万里トンテントン
− 平成16年10月24日 −
荒神輿
団車
準備中
出番町地区では「花」とかいた紙が飾られています。
出番町以外の町から贈られるご祝儀だそうです。
担ぎ手は背中に数枚つけて、残りは自宅に飾るそうです。
駅前の通りの木々にたくさん飾られていました。
荒々しい