豊玉姫大神のお遣いが「なまず様」。
古くから皮膚病「しろなまず」の平癒に卓効があると信じられてきました。
現在では嬉野温泉に鎮座される美しい素肌の神様です。
たくさんの女性が参拝されているそうですよ (^^)
豊玉姫神社
− 平成16年10月2日・嬉野町 −
千八百余年、嬉野の町を見守ってきました。
天正年間に兵火に遭い、社殿は焼失しましたが、
江戸時代の初めに社殿が再建されました。
1639年蓮池藩創設とともに
藩主鍋島直澄公の祈願所となります。
1660年に家紋「鍋島花杏葉」の使用が許されるなど、
歴代藩主に大切にされてきました。
明治15年現在地に社殿を新築・遷座。

豊玉姫大神は海神の娘で
いわゆる竜宮城の乙姫にあたるそうです。
水の恵みをつかさどる神様だそうです。
なまず社