唐津城
唐津城は今年で築城400年。
寺沢志摩守広高によって、
1602年から7年を費やし完成しました。
築城に際し、
肥前名護屋城の資材が使われたと
伝えられているそうです。
唐津市街を見おろすその外観は
まさに威風堂々。
現在の桃山風天守閣は
文化観光施設として昭和41年につくられたとか。
天守閣内は歴史資料が展示され
最上階にいくと唐津市街、玄海、虹ノ松原等の
美しい風景を一望できます。
まさに絶景!
西の浜と東の浜の真ん中に位置し、
羽を広げた鶴に見えることから、
「舞鶴城」とも呼ばれます。
現在は「舞鶴公園」となり、
藤棚、秋には紅葉の名所ともあって、
たくさんの観光客が訪れています。
すぐ横に有料駐車場もあり、
唐津駅からも、
徒歩で10〜15分といったところです。
下のほうから天守閣までは、
エレベーターもありますので、
行きはエレベーター、
帰りはゆっくり階段を降りてくると少し楽です。

− 平成20年7月20日・唐津市 −

西の浜から見た唐津城。

町には築城400年を祝う旗が並んでました。

松浦川の流れをかえて
唐津城のすぐ西を通したとか・・・
防衛と船便をはかったとのこと。

茶室櫓・お茶会で使えるようですよ。
木の陰に隠れてすいません