平成16年8月1日に開館!
実際の佐賀城本丸跡地にその遺構を残しながら、
本丸御殿の一部が再建されました。
全国最大規模の木造復元物だそうですよ。
ほんとに大きかったです (^^)
佐賀城は龍造寺氏の居城だった村中城を、
初代藩主鍋島勝茂が1602年に改築し、1611年に完成。
1726年、五層の天守閣、本丸、二ノ丸、三ノ丸消失。
二ノ丸、三ノ丸は建てられたものの、
1835年、二ノ丸全焼。
1838年に天守以外が再建されました。
1874年、佐賀戦争で二ノ丸、三ノ丸炎上。
御座間は大木公園の公民館として再利用されていましたが、
改めて本丸に移築されています。
現存している北門である「鯱の門」をそのまま入り口として使用。
門をくぐると、すぐ御玄関が見えます。
館内には佐賀の歴史に関する資料が多数展示されており、
寺子屋風パソコンコーナーもあります。
空調もきいているので、ゆっくりと楽しめますよ。


御玄関
現存する「鯱の門」をそのまま使用
− 平成16年8月6日・佐賀市 −
佐賀城本丸歴史館