明治時代
         1868 佐賀藩兵、北陸道先鋒を命じられる。
         1868 佐賀藩アームストロング砲、上野戦争で多大な影響を及ぼす。
         1869 鍋島直正、開拓使長官に命ぜられる。
         1870 唐津藩藩政改革。
         1871 佐賀県を伊万里県と改称。
         1872 伊万里県を佐賀県と改称。
         1874 佐賀の乱により佐賀城消失。江藤新平・島義勇処刑される。
         1876 佐賀県、長崎県に合併。
         1883 佐賀県、長崎県から分離独立。佐賀県庁開庁。
         1887 県下大雨洪水。
         1889 佐賀市制施行。
         1904 祐徳馬車鉄道株式会社設立。
         1910 県立佐賀商船学校、県立佐賀工業学校発足。

大正時代
         1914 佐賀市水道布設認可。
         1916 佐賀紡績株式会社創立。
         1920 旧制佐賀高等学校設立。
         1924 県下に暴風被害。

昭和時代
         1933 県営有明干拓着工。
         1935 佐賀線開通。
         1936 佐賀市貫通道路完成。
         1945 佐賀市空襲、鳥栖空襲。
         1948 北山ダム着工。
         1950 県新庁舎落成。
         1954 鳥栖・伊万里・武雄・鹿島・多久市制。基肄城跡、特別史跡指定。
         1955 諸富橋・大川橋竣工。名護屋城跡並びに陣跡、特別史跡指定。虹ノ松原、特別名勝指定。
         1957 北山ダム完工。
         1962 国道34・35号線全線開通。
         1963 県立図書館落成。
         1967 大隈記念館落成。
         1968 九州電力原子力発電所、玄海町に設置決定。
         1970 県立博物館完成。
         1973 国造干拓飛行場設置中止になる。
         1975 玄海原子力発電所送電を開始。
         1976 第31回国民体育大会(若楠国体)開催。佐賀医科大学開学。
         1981 菜畑遺跡から炭化米出土(水田)。
         1982 丸山遺跡の移転工事始まる。
         1983 佐賀県政100周年。佐賀県立美術館完成。
         1987 全国植樹祭、嬉野会場で開催。

平成時代
         1989 吉野ヶ里遺跡ブーム始まる。
         1990 吉野ヶ里遺跡、国史跡となる。
         1991 吉野ヶ里遺跡、特別史跡指定。
         1994 佐賀商業高校、全国高校野球優勝。
         1996 世界・炎の博覧会開催。
         1998 佐賀空港開港。
         1999 県立宇宙科学館開館。
         
佐賀歴史年表・3
参考文献
     「佐賀県の歴史散歩」山川出版社
     「佐賀県の歴史」   山川出版社
(1)先土器〜安土・桃山  (2)江戸