海中盆綱引き
− 平成20年8月15日・鎮西町波戸漁港 −

バケツに入っているのはお酒。
綱引きながらも振舞われてました (^^;

綱まわりは大きいところで50センチメートル、
長さは30メートルぐらいだそうです。
波をおこしながら威勢良く引っ張り合います。

午後6時から子供綱引きも3回勝負で行われました。

豊臣秀吉朝鮮出兵に際して滞在の折、
兵の慰安と盆供養を兼ねて
旧暦7月15日に行われたのが始まりだそうです。
揃いの黒い装束に身を包んだ青年団の方たちが、
海に胸まで入り、波を起こしながら、掛け声合わせ、
大綱を引っ張りあって3回勝負!
引っ張り合う力も大切ですが、
海中の綱を浅い場所に引き寄せ、
足場を確保していくかが勝負の分かれ目。
毎年8月15日の満潮の頃、
今日は午後6時30分ごろから始まりました。
午後6時ごろからは子供たちの綱引きも行われ、
とても賑やかでしたよ。