カササギ
− 佐賀県天然記念物 −
このカラス科−カササギは
豊臣秀吉朝鮮出兵の際、
鍋島直茂によって佐賀にもたらされたそうです。
ぼくら県民はカチカチと鳴くことから
「カチガラス」と呼んでます。

よく電柱に巣をつくっていますね。
佐賀県内に住んでいるぼくらにとって、
とても身近な鳥ですが、
他県の方たちにとってはとても珍しい鳥です。
鮮やかな色というわけではないんですが
ぼくはこのきれいな鳥がとても好きです。
いつも近くにこの鳥がいてくれる事を
とても幸せに感じます (^^)
大切にしたいですね。

鳴き声を聞いてみましょう。